「日本軍『慰安婦』問題解決全国行動」(略称;全国行動)は、2010年2月7日、日本軍「慰安婦」問題解決のために全国各地で活動してきた団体と 個人が集まって結成したネットワークです。全国9ブロックに連絡先を置き、全国的なネットワークの強みを生かした活動を繰り広げています。

 各ブロックにおいて地元議員への説明・働きかけを実施するとともに、院内集会や市民集会を開催して日本軍「慰安婦」問題の解決を 国会議員や市民にアピールする一方、教育用DVDを製作して教育機関に贈呈するなどの広報活動もおこなってきました。とりわけ、2011年12月には「韓国水曜デモ1000回アクション」を呼びかけ、全国15ヵ所の取り組みを引き出すことができました。また、国連人権理事会の普遍的定期審査(UPR、2012年10月)、国連女性の地位委 員会(CSW、2013年3月)、国連拷問禁止委員会(2013年5月)に代表を派遣して国際世論に訴える活動もおこなっています。

 名乗り出から20年を超える歳月、自らの尊厳回復と被害回復を訴えてきた日本軍「慰安婦」被害者たちへの謝罪と補償が実現する日まで、「全国行動」はあらゆる取り組みを続けていきます。