日本政府は、釜山総領事館前に「平和の少女像(以下、少女像)」が設置されたことに対し、駐韓大使および釜山総領事の一時帰国など4項目の対抗措置をとると発表した。同措置およびこれを伝える報道に、私たちは強く抗議する。

Ⅰ 日本政府に抗議する 

1.韓国では、2015年12月28日の日韓政府間合意(以下、合意)に対する民衆の怒りが爆発し、日本政府に対する不信感がさらに高まった。直近の世論調査でも、「合意を破棄すべき」との回答が6割に迫っている。釜山の少女像も、合意に怒った釜山市民・学生らが合意直後に建立計画を立て、合意1周年の日に設置を挙行したものだ。
 合意後にさらに高まった怒りの主な要因は、(1)日本政府が10億円について「賠償ではない」と繰り返し述べたこと、にもかかわらず韓国政府と「和解癒し財団」が「賠償にあたるもの」等と国民を欺き、被害者たちの説得にも当ってきたこと、(2)安倍首相がお詫びの手紙について「毛頭考えていない」と一蹴するなど、「お詫びと反省」を合意で謳いながら実は謝罪する気など全くないこと、(3)「日本は10億円を拠出したのに、韓国は合意を守っていない」として、日本政府が事実上、駐韓日本大使館前の「平和の碑」の撤去にのみ執着し、圧力を加えていること。
 昨年12月28日の日韓政府間「合意」から一年を迎えました。
 被害者をおきざりに、「責任の痛感」「お詫びと反省」「軍の関与」というあいまいな事実認定と実体のない言葉を並べて日本軍「慰安婦」問題を「最終的かつ不可逆的に」解決すると表明した日韓「合意」に対し、私たちはあらためて、「合意」は解決ではないことを訴えます。
 「合意」発表直後から、韓国では被害者はもちろん市民・学生らによる批判と抗議の声が湧きおこりました。日本では政府とメディアが一体となって、あたかも「慰安婦」問題は「合意」によって終結したかのような見方を拡げました。私たちはこのような動きを許すことができないと、「合意は解決ではない」ことを訴え、全国各地で集会やデモ、講演会などあらゆる行動を展開、日本政府への要請行動も行ってきました。11月には韓国、フィリピン、インドネシア、東チモールの被害者を招いて証言集会や外務省交渉を行い、今もアジアの各国で被害に苦しむ被害者らの存在を伝え、「慰安婦」問題は日韓間だけでは解決できない問題であり、日韓「合意」で解決していないことを訴えました。

========================
11/27韓国気鋭の社会学者・李娜榮来日講演会

オーラルヒストリーでたどる韓国の「慰安婦」問題解決運動
~挺対協運動26年の軌跡~

李娜榮さんに聞く
(社会学・女性学/ 韓国・中央大学社会学科教授)
==========================

1990年11月に結成された韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)は 、女性人権の視点から韓国の「慰安婦」問題解決運動をリードしてきました。しかし日本では、挺対協の名前は知られながら、「反日」などのレッテル貼りや、誤解・歪曲した報道・言説が後をたちません。
挺対協は何をめざし、どういう活動をしてきたのか。
被害者との関係はどうだったのか。
今回は、挺対協26年の運動に初期から関わったさまざまな人々をインタビューしてきた李娜榮さんを韓国から招き、その実像に迫ります。

朴槿恵大統領スキャンダルにより、日韓「合意」の行方もわからなくなっています。
今世紀最大となった大統領退陣を求める大規模な抗議行動が展開された韓国の現状もふまえてのお話も伺えると思います。貴重な機会にぜひともご参加ください。

日本軍「慰安婦」被害を記憶するメモリアル建設運動 in アメリカ
~サンフランシスコとグレンデールの活動家を招いて~

日 時:2016年11月6日(日)14:00
場 所:韓国YMCA 第4-5会議室(3階)
(住所:東京都千代田区猿楽町2丁目5?5)
参加費:800円

2010年10月、ニュージャージー州に日本軍「慰安婦」を記憶する碑が設置されて以降、米国ではすでに8つの碑が建てられています。
2013年7月には、ロスアンゼルス近郊のグレンデール市にソウルの日本大使館前と同じ「平和の碑」(少女像)が設置されました。それに対しては在米日本人が抗議し、撤去を求める裁判を提訴したことはニュースになりましたが、「平和の碑」の設置を進めた当事者の声は、日本でほとんど報道されることはありませんでした。同様に、2015年9月22日、サンフランシスコ市議会が全会一致で「慰安婦のメモリアル設置」を可決した時も、直前にサンフランシスコの姉妹都市・大阪の橋下徹市長(当時)が抗議の書簡を送った行為を無批判に報道しただけでした。




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
日韓「合意」は解決ではない
 アジアの「慰安婦」被害者たちは訴える!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


日韓両政府は、昨年12月28日の「日韓合意」に反対を表明する韓国の被害者の意思を無視し、韓国以外の被害者はそもそも排除して、日本軍「慰安婦」問題の「最終的・不可逆的解決」を強引に推し進めています。

「韓国の『慰安婦』にだけというのは許せない。他の国にも被害者がいる。他の国の被害者にも責任を尽くすべきだ。怒りを抑えることができない」(フィリピンのエステリータ・デイさん)

「どこにいても、被害者の心は一つ。なのに、被害者には一言もなく自分たちだけで合意した。これは無視する。皆さんも無視してください」(韓国の李容洙さん)

この声を、日本政府は聞かなければなりません。
この思いを、日本の市民が受け止めなければなりません。

アジア各地の日本軍「慰安婦」被害者たちが、渾身の力を振り絞って訴える得がたい場です。ぜひ、この声に耳を傾けてください。

■来日予定のサバイバー
イネス・マガリャインス・ゴンサルベスさん(81歳)東ティモール
エステリータ・バスバーニョ・ディさん(85歳)フィリピン
李容洙(イ・ヨンス)さん(89歳)韓国
チンダさん(84歳)インドネシア、南スラウェシ

■大阪集会
日時:11月2日(水)18:30~(開場18:00)
場所:大阪市北区民センター
参加費 1000円(学生・障害のある人 500円)
主催:日本軍「慰安婦」問題解決全国行動/日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク

■東京集会
日時:2016年11月5日(土)13:30~(開場13:00)
場所:韓国YMCA 地下ホールY
参加費 1000円(学生・障害のある人 500円)
主催:日本軍「慰安婦」問題解決全国行動/戦時性暴力問題連絡協議会

■カンパのお願い
各国から被害者と支援者を招請するため、多額の費用がかかります。
ぜひ、支援カンパをお寄せください。目標300万円!
================================
郵便振替口座
加入者名 日本軍「慰安婦」問題解決全国行動2010
口座番号 02760-1-84752
「11月集会カンパ」とご記入ください。
領収書は振込取扱票右側の振替払込受領証をもって替えさせていただきます。
================================