『時事通信』は8月24日付で「日本の10億円『受け取るな』=元慰安婦支援で韓国挺対協」という記事を掲載しましたが、これは、タイトル及び記事本文が全て事実に基づかないものであるため、全国行動は8月30日、速やかな当該記事の削除と、訂正とお詫びの記事掲載、配信各社に記事が事実に基づかないものであったため削除した旨の通知をおこなうよう求める要求書を送付しました。

  当該記事は以下。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016082400593&g=soc
日本の10億円「受け取るな」=元慰安婦支援で韓国挺対協
【ソウル時事】日本政府が元慰安婦を支援する韓国の財団への10億円拠出を閣議決定したことについて、韓国の民間団体「韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会(挺対協)」の尹美香常任代表は24日、「問題の最終的解決にはならないし、賠償金でもない。受け取ってはならない」と強調した。日本大使館前で開いた水曜日恒例の抗議集会に参加した際、語った。(2016/08/24-16:13)
  記事中の8月24日水曜デモは一部始終が以下の動画に収められています。https://www.facebook.com/UirHana/videos/1249727225058288/
  全国行動がこの動画中の尹美香代表の発言を全文書き起こしたところ、記事にあるような発言はありませんでした。とりわけ被害者に対して「受け取るな」という発言は、するはずのない発言です。

金福童ハルモニ「1億くれるって? 謝罪がなければ1000億でも無意味」
「1億くれたらほとんどハン(恨)が解けるって? そんな嘘を…」
2016-08-26 09:17  |  CBS キム・ヒョンジョンのニュースショー

■ 放送 : CBS ラジオ <キム・ヒョンジョンのニュースショー> FM 98.1 (07:30~09:00)
■ 進行 : キム・ヒョンジョン・アンカー
■ 対談 : 金福童(慰安婦被害者ハルモニ)

政府が慰安婦被害者ハルモニに、生存者1億ウォン、死亡者2000万ウォンずつ現金で支給すると決定しました。名目は名誉と尊厳回復および心の傷の癒やしだということですが、慰安婦ハルモニたちの立場はどうなのでしょうか。少し繋いで立場を直接伺ってみたいと思います。金福童ハルモニ、おはようございます。

◆ 金福童> はい、おはようございます。

◇ アンカー(キム・ヒョンジョン)> 昨日の政府発表をご覧になってどう思われましたか

◆ 金福童> 腹が立ってたまりません。一体何がしたいのか分かりません。

8・14日本軍「慰安婦」メモリアル・デー・アピールへの団体賛同ありがとうございました。 以下の110団体から賛同をいただきました。

賛同団体
プリント有効期限の延長に伴い、予約番号が変更になりました。
予約番号はこちらでご確認ください。
http://www.restoringhonor1000.info/2016/08/814.html
● 団体賛同は8月13日22時を持って締め切らせていただきます。
● 賛同団体名は当日の集会資料および本サイトにてご紹介させていただきます。

==============================================
第4回 8.14日本軍「慰安婦」メモリアル・デー・アピール
日韓「合意」は解決ではない!

 1991年8月14日、韓国の金学順さんが名乗り出たのを機に、韓国、台湾、中国、朝鮮民主主義人民共和国、フィリピン、インドネシア、オランダ、東ティモール、マレーシアなど、各国の日本軍「慰安婦」被害者たちが名乗り出て、加害国の責任を問い、四半世紀にわたるたたかいを展開してきました。戦時性暴力被害者自身によるこのたたかいは、重大人権侵害被害者の被害回復に関する国際基準を打ち立てる上で決定的な役割を果たしました。このような世界史的な意義を称えて、私たちは8月14日を日本軍「慰安婦」メモリアル・デーとし、国連記念日にすることを訴えてきました。
 しかし、4回目の日本軍「慰安婦」メモリアル・デーは、昨年12月28日の日韓政府間合意(以下「合意」)という被害者不在、国際基準無視の二国間の談合により、四半世紀もの長きにわたる被害女性と市民の取り組みが一方的に踏みにじられた中で迎えることになりました。
 私たちはここに、昨年末の「合意」は日本軍「慰安婦」問題の解決になりえないことを今一度、明言すると共に、7月28日に発足した「和解・癒やし財団」(以下、「財団」)の欺瞞性を明らかにし、日本政府が国際人権基準に見合った被害回復の途を示すよう強く求めます。