(2020.8.12オーマイニュース)


'慰安婦'活動家と研究者団体「ナヌムの家の調査結果、衝撃的」


日本軍慰安婦ハルモニと共にする馬昌鎭市民の会などの団体の共同声明

「被害者の人権、尊重されなければ」

2020.8.25 [京畿経済新聞]



  こんにちは。 「ナヌムの家」の官民合同調査団を代表し発表を担当するソン・ギチュンです。

フイリピンの被害者で一番最初にカムアウトした人はロサ・ヘンソンさんです。

そしてその日は8月18日でした。

ロサさんを記念し、追悼する意味を込めて、フイリピンのアテネオ大学の「歴史を守る会」が下記の声明を出しました。


まず、新型コロナウィルス感染症の拡散と継続する水害に苦しむ市民の皆さまに、お見舞いと連帯の気持ちを伝えます。どうか難局が早く克服され、全国民が健康で平和で安全に暮らせるよう願っています。


〈繁体字〉


 呼 籲

第八次 8.14 日軍“慰安婦”紀念日

絕不允許日軍“慰安婦”問題像沒發生過一樣!

-抗議對正義連的攻擊-



 2012 年第十一次日軍“慰安婦”問題亞洲連帶(聯合)會議做出決議,將金學順站出來公開作證的 8 月14 日定為日軍“慰安婦”問題紀念日。今天我們以特別的心情迎來了第八次 8.14 紀念日。

 〈簡体字〉


呼  吁

第八次 8.14日军“慰安妇”纪念日

绝不允许日军“慰安妇”问题像没发生过一样!

-抗议对正义连的攻击-


 


 2012年第十一次日军“慰安妇”问题亚洲连带(联合)会议做出决议,将金学顺站出来公开作证的8月14日定为日军“慰安妇”问题纪念日。今天我们以特别的心情迎来了第八次8.14纪念日。

  


押さえ込んでいたコロナが、サラン第一教会の太極旗集会から、クラスター発生しました。
今までもコロナ対策のため、記者会見として続けてきた水曜デモですが、しばらくはオンライン参加を呼びかけ、現場参加する事をセーブしていくことにしたそうです。

皆様からおくってもらったメッセージはHPやFBにて共有したいとのことです。

 台湾の8・14日本軍「慰安婦」メモリアル・デーの様子を韓国の聯合ニュースからお知らせいたします。(聯合ニュース 2020-08-14)

 

 

성명서



제8차 세계일본군‘위안부’기림일

일본군‘위안부’문제를 없었던 일로 해서는 안 된다!

-정의연 공격에 항의하며 –




2012년 제11차 일본군‘위안부’문제 해결을 위한 아시아 연대회의는 김학순 할머니가 공개 증언하신 8월14일을 세계일본군‘위안부’기림일로 정했습니다. 그리고, 오늘 저희들은 8번째 8.14세계일본군‘위안부’기림일을 특별한 마음으로 맞이했습니다.


 8・14メモリアル・デーにおいて紹介した、九州から北海道まで日本各地で日本軍「慰安婦」問題解決運動をしてきた団体からのメッセージです。

2020年8月14日、第8回8・14日本軍「慰安婦」メモリアル・デーはオンラインセミナーを金昌禄さん(韓国 慶北大学法学専門大学院)と矢嶋宰さん(韓国 ナヌムの家日本軍「慰安婦」歴史館 国際室長)のお二人を講師にお迎えし、開催しました。

以下、全国行動のアピールです。



http://japan.hani.co.kr/arti/politics/37484.html


〈ハンギョレ新聞より2020-08-14 〉


国家記録院など、光復75周年を迎え 

学徒勤労報国隊の学籍簿や看護婦名簿など 

実名や内容の書かれた希少資料を公開 

慰安婦関連デジタル資料保存所も開館

 

 https://japanese.joins.com/JArticle/269201

〈中央日報 日本語版2020.08.14より〉


「1941年関東軍司令部の命令を受けて軍慰安所を設置する時、中国人家屋を略奪して軍慰安所にした。その時、朝鮮人女性30人を旧日本軍の『慰安婦』として強制的に営業させ、旧日本軍部隊軍人4000人の強姦・殴打暴行の対象にして性病で苦しませただけでなく借金まで加重させた」

  


1992年1月8日の水曜集会に始まった日本軍「慰安婦」問題の解決に向けた挺対協の歩みは、2015年12月28日の一方的で拙速な日韓政府合意に対して巻き起こった国民的抵抗とともに、正義連へと引き継がれてきました。30年間の道のりが常に容易ではない瞬間の連続ではありましたが、とりわけこの間の正義連への無分別な疑惑の提起などに深刻な危機意識を感じて、この運動の本質を回復し連帯するために、この場に立ちました。


2013年8月14日、第1087回水曜集会が第1回世界日本軍「慰安婦」メモリアルデーを期して世界連帯行動の日と宣言されて以来、8回の「世界連帯集会」が取り組まれました。今日の第8回世界連帯集会には、11カ国33都市の118団体が共同主管団体として参加しています。

 〈ハンギョレ新聞より 登録:2020-08-13 00:36 修正:2020-08-13 07:33〉

  http://japan.hani.co.kr/arti/politics/37466.html


「委員会を設置し、会計と運動方向を点検 

全国巡回傾聴懇談会で疎通」

 

韓国 聯合ニュースより(写真も)

 https://jp.yna.co.kr/view/AJP20200812002300882?section=news 

 2020.08.12 15:33


【ソウル聯合ニュース】韓国と日本の市民団体や宗教団体が結成した「韓日和解と平和プラットフォーム」(以下、韓日プラットフォーム)は12日、光復節(日本による植民地支配からの解放記念日、8月15日)を前にソウルで記者懇談会を開き、両国の歴史認識問題の解決と連携を促す共同宣言文を発表した。


ナヌムの家より矢嶋です。


昨日8月11日にようやくナヌムの家京畿道民官合同調査の結果が記者会見を通して発表されました。

 入力  2020.08.10  (20:20)  修正  2020.08.10  (21:32)


釜山東区役所は6日、日本の丸山公平総領事が東区役所を訪問し、平和の少女像道路占用許可を取り消してほしいという日本政府の立場を伝えたと発表しました。


丸山総領事は少女像の道路占用が外国領事関係に関するウィーン条約に全面違反し、韓日関係を深刻に毀損するとし、これは「少女像の合法化と固定化をもたらす行為」と主張しました。


同区役所は「釜山市条例による適法な手続きによって道路占用を承認した」とし、「許可を取り消す計画はない」と明らかにした。


                                                                               (拙訳:Kitamura Megumi)

〈原文〉

http://mn.kbs.co.kr/mobile/news/view.do?ncd=4513833







1991年8月14日は韓国の金学順さんが初めて証言した日です。それを尊敬と感謝の思いをこめて2012年台湾で行われた第11回アジア連帯会議で毎年8月14日を日本軍「慰安婦」メモリアル・デーにすることになりました。


全国行動は2020年8月14日、コロナの関係で例年の集会とは異なり、下記のタイトルでオンラインセミナーを開催することにいたしました。

〇日時:814()19:0021:002時間)

〇タイトル:日本軍「慰安婦」問題をなかったことにはさせない!

        ~正義連バッシングに抗して~

★内容の詳細は、http://www.restoringhonor1000.info/2020/08/814.html


「私の願いは……故金学順ハルモニの最後の証言」は当日上映予定のものです。

韓国の「ニュース打破」による金学順さんが亡くなる5ヶ月前のインタビュー映像です。

当日は、時間的な都合もあり、一部しか上映できません。

それではあまりにも残念なので、ぜひ、みなさんに全部みていただきたく、「ニュース打破」の許可を得て日本語字幕をいれました。

30年たった今も金学順さんの言葉が痛く胸にしみます。


(注)8月14日当日は時間の関係で「私の願いは……故金学順ハルモニの最後の証言」は上映しないことになりました。ぜひ、このHPでご覧下さい。

「私の願いは……故金学順ハルモニの最後の証言」



 https://www.youtube.com/watch?v=rgBj0dEJy50&t=123s









正義連に応援メッセージを続けたいと思います。皆さん、今後ともご協力お願いいたします。毎週月曜日の午前中を閉め切りをめざしておくっていただければ嬉しいです。送り先は i_zenkokukoudou@yahoo.co.jp まで。





この一週間も、正義連は、被害生存者への支援や国内外の連帯事業、追悼事業など日常業務のほかにも、過去を振り返り、未来に備える活動に取り組んできました。

懸案にも忠実に対応しています。まず、依然として進められている検察の調査に誠実に対応しています。
到底理解し難い進行過程があるにもかかわらず、精神的・肉体的衝撃と苦痛に耐えながら、召喚と質疑に最大限協力しています。


第二に、マスコミによる無差別な虚偽・歪曲報道には、果敢に対処しています。

<国民日報>、<朝鮮日報>、<中央日報>、<韓国経済>、<ニューデイリー>、<ソウル経済>などマスコミ9社の記事13件に対し、訂正報道および損害賠償を求める調停を言論仲裁委に申請し、記事の削除、訂正報道、反論報道、見出しの修正など、11件の調停成立または強制調停の決定を勝ち取りました。

調停が不成立となった記事と類似の記事に対しては、民事訴訟など追加措置を取り、放送局による虚偽・歪曲報道に対しては、放送通信審議委員会の審議も請求する予定です。

莫大な個人的被害をもたらし社会的葛藤を助長する無責任なマスコミに、警鐘を鳴らし、より公正な報道を促すことで、韓国の言論の発展と人権保護に寄与していきたいと思います。


第三に、至難な運動の過程で目を配ることができなかったことは省察しつつ、運動初期の精神と意味を拡張し継承するための努力を傾けています。

未来世代に手渡すためのもっとしっかりした構造について具体的に熟慮しています。
そのため「省察とビジョン委員会」を組織して、議論を続けてきました。
目的、構成、進行内容や方向性については、世界連帯集会を兼ねてひらかれる来週水曜日の記者会見場で発表する予定です。


最後に、日本政府は依然として、植民地期に行った強制動員や日本軍性奴隷制などの様々な不法行為について、認定、謝罪、賠償を行っていません。

正義連は、8月14日の世界日本軍「慰安婦」メモリアルデーに文化祭を開催し、これまでの30年間、被害生存者たちが正義の実現を叫んできた歴史を喚起したいと思います。

否認と否定、無視と傍観の歳月が作り出したもう一つの深い傷を直視し、市民の皆さんに、その傷を治して癒し、新しい未来をつくり出してくださるよう心から訴えたいのです。日常の安全が、共感と支持が、愛といたわり合いが、平和な世界をつくる第一歩であることを、いま一度振り返りたいと思います。

子どもたちがそのような世の中で生きていけることを願いながら、メモリアルデーの行事を準備しています。多くのご関心とご参加をお願いいたします。


2020年8月5日
正義記憶連帯 理事長 李娜栄(イ・ナヨン)

(訳:正義連提供)


〈原文〉

제1451차 일본군성노예제문제해결을위한 정기수요시위 주간보고

지난 한주도 정의연은 피해생존자 지원과 국내외 연대사업, 기림사업 등 일상적 업무 이외에도 과거를 돌아보고 미래를 준비하는 일을 해 왔습니다. 현안에도 충실히 대응하고 있습니다.

우선, 여전히 진행 중인 검찰조사에 성실히 임하고 있습니다. 도저히 이해되지 않는 진행과정이 있음에도 불구하고 정신적·육체적 충격과 고통을 견디며 소환과 질의에 최대한 협조하고 있습니다.

둘째, 언론의 무차별적 허위·왜곡보도에는 과감히 대처하고 있습니다. <국민일보>, <조선일보>, <중앙일보>, <한국경제>, <뉴데일리>, <서울경제> 등 9개 언론사 13개 기사에 대해 정정보도 및 손해배상을 청구하는 조정을 언론중재위에 신청해, 기사삭제, 정정보도, 반론보도, 제목수정 등 11건의 조정성립 혹은 강제조정 판결을 받았습니다. 조정이 불성립된 기사 및 유사 기사들은 민사소송 등 추가적인 조치를 취하고, 방송사의 허위·왜곡 보도에 대해서는 방송통신심의위원회 심의도 청구할 예정입니다. 막대한 개인적 피해를 야기하고 사회적 갈등을 조장하는 무책임한 언론에 경종을 울리고 보다 공정한 보도를 촉구해 한국 언론 발전과 인권보호에 기여하고자 합니다.

셋째, 지난한 운동의 과정에서 미처 살피지 못한 부분은 성찰하되 운동의 초기정신과 의미를 확장하고 계승하기 위한 노력을 하고 있습니다. 미래 세대에 물려줄 더 단단한 구조에 대해 구체적으로 고민하고 있습니다. 이를 위해 <성찰과비전위원회>를 조직해 논의를 지속하고 있습니다. 목적, 구성, 진행 내용과 방향은 세계연대집회 겸 열리는 다음 주 수요시위 기자회견장에서 발표될 예정입니다.

마지막으로, 일본정부는 여전히 식민지 시기 자행된 강제동원, 일본군 성노예제 등 갖은 불법행위에 대해 인정하거나 사죄하거나 배상하지 않고 있습니다. 정의연은 오는 8월 14일 세계일본군‘위안부’기림일에 문화제를 개최해 지난 30여년간 피해생존자들이 외쳐온 정의실현의 역사를 환기하고자 합니다. 부인과 부정, 외면과 방관의 세월이 만들어낸 또 다른 깊은 상처를 직시하고, 시민여러분들이 그 상처를 꿰매고 치유하며 새로운 미래를 만들어가 주시길 간곡히 호소하고자 합니다. 일상의 안전이, 공감과 지지가, 사랑과 상호 돌봄이 평화로운 세상을 만드는 첫걸음임을 다시 한번 되새기려 합니다. 우리 아이들이 그런 세상에서 살아가길 소망하며 기림일 행사를 준비하고 있습니다. 많은 관심과 참여 부탁드립니다.

2020년 8월 5일
정의기억연대 이사장 이나영

8.3 立場表明 言論仲裁委員会調停結果


日本軍性的奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(理事長イ・ナヨン、以下正義連)は「国民日報」「朝鮮日報」「中央日報」「韓国経済」など9つの報道機関13件の記事に対して訂正報道および損害賠償を請求する調停を言論仲裁委員会に申請し、11件の記事に対して記事の削除、訂正報道、反論報道、タイトルの修正などで調停が成立、あるいは強制調停の決定を受けました。

登録:2020-08-03 06:14 修正:2020-08-03 07:40

言論仲裁委に申請された13件の記事のうち 
「女性家族部への返還金に3千万ウォンの穴」など削除・訂正・反論報道が11件 
 
「マスコミ報道で持ち上がった疑惑すべて調査」方針示した検察 
3カ月間、基礎事実の確認作業中



検察が先月、ソウル麻浦区の正義記憶連帯事務室で、会計不正や安城の憩いの場の高価購入疑惑と関連し、前日から12時間に及ぶ強制捜査後、押収品を車に積んでいる=イ・ジョンア記者//ハンギョレ新聞社

【訂正報道および反論報道】
〔単独〕一晩で3300万ウォン使用…正義連の疑惑の『酒代』関連
(2020,7,31)


《オンライン・セミナー》 8.14日本軍「慰安婦」メモリアル・デー
日本軍「慰安婦」問題をなかったことにはさせない!
~ 正義連バッシングに抗して ~
2020年8月14日(金)19:00〜21:00
主催 日本軍「慰安婦」問題解決全国行動
◇◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━