「ハルモニと手をつなぐ20万人同行者になって下さい。」
(韓国語原文 http://blog.daum.net/hanagajoah/1672

2017.3.3
『ナビの夢』便り第2号は、このように訴えて始めようと思います。

 私は、今年から挺対協の常任代表の職を辞めて、共同代表として活動に参加することにしました。その理由は、2015年の韓日合意以後、韓日合意を無効化して正義ある解決をするために設立された正義記憶財団の常任理事を引き受け、その活動に力を注ぐためです。正義記憶財団が設立される他なかった屈辱的な「2015韓日合意」、その新たに登場した障害物を必ず取り除き、ハルモニたちには、真の人
権と名誉回復、真の解放の喜びを抱くようにして差し上げ、私たちの未来の世代には、平和な世界を譲り渡すために、また別次元の力を尽くすことにしました。

 正義記憶財団は、今年、20万人同行者参加キャンペーンを積極的に繰り広げる計画を立てました。未だに、日本軍性奴隷制の犠牲にされた女性たちの全体被害の規模も知ることができませんが、その被害者のハルモニたちと一緒に手をつなぎ、正義ある世の中を目指す解放の道を作っていくことができる20万人の同行者の参加が切実に必要です。正義記憶財団は、その20万人同行者と共に、2015年日韓合意を堂々と乗り越え、希望を創って行こうと思います。


「苦痛と一緒に苦闘すると、希望の波になったよ」
(韓国語原文 http://blog.daum.net/hanagajoah/1654 )
2017.2.1
始めることは半ば遂げることだと言いますよね? だから正月[陰暦]の連休中に、「始めるべきだけれど、最後までやれるかしら?」、そんなためらいの時間を持ちました。そして遂に2017年をこのように新たに始めてみようと思います。

便りの名前を何にするか悩んで、尹美香が伝える『ナビ[蝶]の夢便り』に一応決めてみました。私が所属している所が1カ所ではないことを思うと、そのようなやり方で一緒に編集して送ろうと決めました。そして今日の最初の便りの見出しを、「苦痛と一緒に苦闘すると、希望の波になったよ」と、してみました。

簡単ではないけれど日々の活動を記録し、その記録を日本軍性奴隷制問題を解決するために、物心両面で声援して下さっている多くの方々と意思疎通して、関心がなかった方々の心をコツコツ叩いてみようと思います。