日本軍「慰安婦」被害を記憶するメモリアル建設運動 in アメリカ
~サンフランシスコとグレンデールの活動家を招いて~

日 時:2016年11月6日(日)14:00
場 所:韓国YMCA 第4-5会議室(3階)
(住所:東京都千代田区猿楽町2丁目5?5)
参加費:800円

2010年10月、ニュージャージー州に日本軍「慰安婦」を記憶する碑が設置されて以降、米国ではすでに8つの碑が建てられています。
2013年7月には、ロスアンゼルス近郊のグレンデール市にソウルの日本大使館前と同じ「平和の碑」(少女像)が設置されました。それに対しては在米日本人が抗議し、撤去を求める裁判を提訴したことはニュースになりましたが、「平和の碑」の設置を進めた当事者の声は、日本でほとんど報道されることはありませんでした。同様に、2015年9月22日、サンフランシスコ市議会が全会一致で「慰安婦のメモリアル設置」を可決した時も、直前にサンフランシスコの姉妹都市・大阪の橋下徹市長(当時)が抗議の書簡を送った行為を無批判に報道しただけでした。