<ナヌムの家>ジョン・マーク・ラムザイヤー教授発言に関して

 


ジョン・マーク・ラムザイヤー教授発言に関して

 

 


1. 最近ジョン・マーク・ラムザイヤー(ハーバード大学三菱教授)が日本軍「慰安婦」被害者を売春婦(prostitute)と表現し議論が拡大しています。また業者と女性は正式な契約を結んだので朝鮮人「慰安婦」はすべて公認された売春婦であり、詐欺で「慰安婦」にされた女性はごく少数に過ぎないと主張しました。この論によれば日本軍「慰安婦」問題は日本軍と日本政府の責任ではなく業者の責任であるという主張になります。




また業者と女性は正式な契約を結んだので朝鮮人「慰安婦」はすべて公認された春婦であり、詐欺で「慰安婦」にされた女性はごく少に過ぎないと主張しました。この論によれば日本軍「慰安婦」問題は日本軍と日本政府の責任ではなく業者の責任であるという主張になります。



 

2. すでに国連を含む国際社では ラディカクマラスワミ報告書(1996)、ゲイマクドゥル報告書(1998)を採し受け入れ、日本帝国主義による被害であるところの制動員と性奴隷制に関してもその運を認めています。 




国連告は次のとおりです。

まず慰安所制度が際法上日本が順守義務に違反したことを認めこれにする法的責任を負うこと。


第二に(上記の)特別報告官が提示した原則に基づいて被害者個人一人一人に賠償すること。


第三に慰安所および他の連する行為について日本政府が所有しているすべての文書および資料等を公開すること。


第四自ら被害者であることを明らかにした個人一人一人に書面を通して公式謝罪すること。


第五に史的事を反映する方針更すること。


第六「慰安婦」の集と慰安所の制度化にした責任当事者の追及罰などでした

 




3. ラムザイヤー授は日本植民地時代の朝鮮人を制動員した犯企業である三菱の後援を受けた人物であり、2018年には日本政府から「旭日中綬章」を授与されました。これによりラムザイヤー授は親日的性向のい人物であることは明らかであり、極右色の濃い産新聞でもラムザイヤー授の論文をとりあげて「慰安婦」は政府により認可された春婦の延長であり性奴隷ではないという主張をくりげています。

 



4. ラムザイヤー授は論文のなかで、日本本土で運した公娼を朝鮮半島さらに場まで散したものだという飛躍した論を主張しています。


また日本政府の主張する立場を裏付けることができる証けを持って論文を作成しており、それとは別の意味を立証できる他の資料等には言及していません。ラムザイヤー授の主張は国連および際社の普遍的認識とは真っ向から対立するものです。また日本軍「慰安婦」問題を専門的に取り組んできた者ではないことなどからも、彼の論は得力に欠けるものです。

 




5. ハド大をはじめとする米各地の大生はラムザイヤー授の主張を批判する明文を公にしました。


ナヌムの家日本軍「慰安婦」はこの生らの良心的な行動を支持しするとともに、今後この生らとともに日本軍「慰安婦」問題を際社に広く伝え、共感の輪を形成していくために努力をしていく所存です。


再度、生の良心のある行動に敬意表すとともにと支持を表明いたします。

 

ナヌムの家日本軍「慰安婦」史館

キム・テウォル、ウォン・ジョンソン、

ホ・ジョンア、矢嶋 宰、チョン・スンナム

チョ・ソンヒョン、イ・ウギョン、

リュ・ウンギョン、コ・イェジ




<英文、English>

http://www.restoringhonor1000.info/2021/02/house-of-sharingour-position-on-harvard.html