正義記憶連帯の立場 <TV朝鮮> <MBN> <YTN>に対する放送通信審議委員会の法定制裁について

           2020828



    正義記憶連帯の立場

<TV朝鮮> <MBN> <YTN>に対する放送通信審議委員会の法定制裁について

 

「平和の我が家」の故・孫英美(ソン・ヨンミ)所長の死亡ニュスを取材し、自宅の鍵穴から家の部を撮影して放送したTV朝鮮、MBNYTNに対して法定制裁が進められると伝えられているが、これは実に妥な決定である。

 

故人は生前に過熱した取材競争のため大きな苦痛を受け、その死までもがニュスの資料面に落して鍵穴の中のイメジとして残された。

このことに一体誰がどのような責任を負うことができるのか、甚だ疑問である。

 


デジタルメディア時代にテレビで放映されるニュスは、いくら短い時間であったとしても非常に大きな影響力を持つことになるので、い責任感を持って報道に臨まなければならない。

際、正義記憶連する様々な疑惑提起を、まるで事であるかのように流しては消えていったフェーク・ニュースにして、視者たちは今でも真実だと信じている場合が多い。


 

メディアにえられた固有の機能は、民の知る利と真実する追求であろう。

正義記憶連もまた、放送局に対してこのような常識的な期待を持っている。

故人の自宅の鍵穴にカメラを押しつけて撮影し資料面として提供することが民の知る利であると判したメディアは、その責任を負わなければならないだろう。

 

TV朝鮮>、<MBN>、<YTN>による「デスキング不足」などの主張は、稚拙な言い訳に過ぎない。

他の放送局はゲトキピングの過程を該映像を使用しなかった。

何かをニュースにするかどうかについてまともに判できなかったとすれば、放送局としての資質不足を証明したことになる。

そのことに対して深刻な悪い結果が出たなら然るべき責任を負うべきであるが、「熱心に取材していて起こったこと」だとしているテレビ朝鮮の明は、放送局としての資質不足を証明するばかりである。

 


正義記憶連は、TV朝鮮・MBNYTNが孫所長の死に対して、放送会社にえられた社的責任と基本的な取材倫理さえも放棄し、意の意図をもって刺激的な放送を流したことについて、公式謝罪するよう求める。

願わくば、放送通信審議委員の全体議で、この事態に見合った法定制裁が下されることで、民の常識的期待にえ、記者の取材倫理にも警鐘を鳴らすことを期待する。

以上


(日本語訳:正義連)