釜山の日本総領事、道路占用許可の取り消しを要請

 入力  2020.08.10  (20:20)  修正  2020.08.10  (21:32)


釜山東区役所は6日、日本の丸山公平総領事が東区役所を訪問し、平和の少女像道路占用許可を取り消してほしいという日本政府の立場を伝えたと発表しました。


丸山総領事は少女像の道路占用が外国領事関係に関するウィーン条約に全面違反し、韓日関係を深刻に毀損するとし、これは「少女像の合法化と固定化をもたらす行為」と主張しました。


同区役所は「釜山市条例による適法な手続きによって道路占用を承認した」とし、「許可を取り消す計画はない」と明らかにした。


                                                                               (拙訳:Kitamura Megumi)

〈原文〉

http://mn.kbs.co.kr/mobile/news/view.do?ncd=4513833