ナヌムの家より:追加告発の件(6月10日)


ナヌムの家の矢嶋です。

今年3月にキム・ジョンスク前事務局長を横領罪および背任罪疑、5月にアン・シングォン前所長を背任罪容疑で告発しましたが、左記2名を今月10日に社会福祉法人大韓仏教曹渓宗ナヌムの家理事のうちウォルチュ僧侶(現代表理事)、ウォネン僧侶(前代表理事)、ハピョン僧侶(理事)、ソンウ僧侶(常任理事)らとともに広州警察に追加告発しました。主な容疑は寄付金物法違反容疑です。




社会福祉法人大韓仏教曹渓宗ナヌムの家の理事たちはナヌムの家のホームページを通してこれまで118億ウォンを超える寄付金を集めながら、寄付金物法にのっとった形の募金行為登録を事前に行いませんでした。これは同法で1000万ウォン以上の寄付金を集める場合は事前に募金活動および使用計画書を作成して政府登録せねばならない、と決められているにもかかわらずそれをしなかったものです。
 

これ以外にも、アン・シングォンおよびキム・ジョンスクはナヌムの家関連建築工事発注時、公開入札を実際通していないにも関わらずそれをしたように装う虚偽内容を含んだ清算報告書を作成し、関連補助金を支給した広州市等に提出していた容疑。これに関し上記の理事たちは清算報告書内容に虚偽事実があるのを知りながら管理監督権を一切行使せず、公務執行妨害行為に加担した容疑も含んだ追加告発です。


  *House of Sharing (HoS) / Museum of Japanese Military Sexual Slavery*
  *ナヌムの家**/*日本軍「慰安婦」歴史館